どうぶつの森 ポケットキャンプ速報

2017年の『Google Play Awards』にFEHとポケモンGOがノミネート!どうぶつの森もここに並べるくらいになって欲しい…

googleは4月24日に『Google Play Awards』のノミネートを発表しました。
その中にはどうぶつの森でお馴染みの任天堂からリリースされているゲームがあります。
それが、ポケモンGOとFEHです。
この2つは海外で人気というイメージが強いですね。
日本だと若干早く飽きられた気もします。

ポケモンGO

ナイアンティックと株式会社ポケモンによって共同開発されたアプリです。
2016年だけで売上は1000億円を超えたそうです。
おっそろしいゲーム…
リリース日は国によって少し違います。
最も早かったのがオーストラリア、ニュージーランド、アメリカで2016年7月6日です。
現在配信されている国で一番最近なのが韓国の2017年1月24日ですね。
日本は先発組にやや遅れて2016年7月22日でした。
ただ、よそ見運転であったりレアなポケモンがいる場所に人が殺到したりと様々な問題もありました。
この辺りはまだまだ改善の余地があると思います。

FEH

開発はインテリジェントシステムズですね。
ドンキーコングやメトロイドはかなりプレイした気がします。
初のスマートデバイス向けゲームということでFEファンからも心配されていました。
私もプレイしていたのですがチート騒ぎで萎えて止めてしまいましたね。
あのステータスはあかんやろ…
配信されたのは世界39カ国です。
言語は日本語、英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語に対応しているようですね。
日本よりも海外で高い評価を得ている気がします。
日本と海外ってやっぱり人気になるゲームに違いがあるなぁ…
日本が独特なんですかね?

コメントを残す

サブコンテンツ

PageTOP