どうぶつの森 for スマホ・アプリ(仮)

【とびだせ どうぶつの森 amiibo+】が本日発売!アプリ版には今後何かしらの影響があるのかな?

本日、ニンテンドー3DS用ソフト『とびだせ どうぶつの森』のアップデート版『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』が発売されました。

いままでの『どうぶつの森』に、amiiboを使った遊びが追加。家具やamiiboを使った機能、笛など遊びかたや楽しみかたは大幅に増えています。
すでに『とびだせ どうぶつの森』をプレイしている人は、無料で『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』にアップデート可能です。ここではまだ『どうぶつの森』をプレイしたことがないという人に向けて、アップデートによって新たに追加された要素を軽く紹介したいと思います!

amiiboに関係の無い新要素もふんだんに追加されているので、amiiboが無くても十分に遊べる内容になっていますよ!

 

amiiboで何が出来るの?

 

オートキャンプ場にキャンピングカーが来るようになる

amiiboのどうぶつがキャンピングカーでアップデートによって新設された「オートキャンプ場」にやってきます。キャンピングカーのなかには、村のお店では売っていない家具があり、家具は“ふるさとチケット”を使って購入することも可能。
他シリーズの対応amiiboを読み込んだときも、キャンピングカーに乗ったどうぶつがやってきます。

 

どうぶつが引っ越してくる

amiiboカードに描かれたどうぶつが自分の村に引っ越してきます。

 

いっしょに撮影できる

「amiiboカメラ」という項目が追加された事により、amiiboで読み込んだどうぶつや村民のどうぶつ、プレイヤーキャラクターを、ニンテンドー3DSのカメラで撮影することができるようになりました。

 

amiiboを使うには?

“まほうのランプ”を自分の部屋に持ち帰り、ランプの前でAボタンを押すとまほうのランプのなかからゆうたろうが出現。
amiiboを読み込むとそのどうぶつに乗り移り、本物のどうぶつを村に招いてくれるよう働きかけてくれます。

 

村での新要素

 

オートキャンプ場

オートキャンプ場には村民以外の特殊などうぶつたちがキャンピングカーで遊びに来ていて、そのキャンピングカーの中の家具を買う事が出来ます。
また、おみやげコーナーでは珍しい家具を買う事も出来ます。(日替わり)

 

くらしサポート

“くらしサポート条件”を達成することで、“ふるさとチケット”を手に入れることができます。
くらしサポート条件とは、“サカナを20匹釣る”、“フルーツを5個以上売る”といった一定の条件の事です。オートキャンプ場での買い物に使ったり、ATMでベルに換えることも可能で、発券は役場の前のふるさとチケットマシンで行えます。

 

家具にゲーム機が追加!

ゲーム機型の家具“Wii U”、“Newニンテンドー3DS”を手に入れると、それぞれ“無人島脱出ゲーム”、“どうぶつの森 パネポン”がプレイ可能になります。

 

隠し倉庫

たぬきハウジングで新しく隠し倉庫の増築が出来るようになります。タンスよりもさらに多くのアイテムを収納できるようになり、模様替えのセミナーを受けることができるようになります。

 

『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』と連携出来る

『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』のセーブデータを読み込むことで、まめつぶのお店のカタログからの注文で巨大家具(コンテストの参加景品)が購入可能となります。

 

村を売れる

いままで作ったきた村を売却して、はじめからゲームをやり直すことができます。その際いままでの村での功績に応じて、ベルがATMに振り込まれた状態からスタートします。
ただこれはアップデート時点でじゅうぶんに作り込んだ村があるプレイヤー限定のようです。

 

このアップデートは既にどうぶつの森で遊んでいたプレイヤーにはひと足早く配信されていましたが、これでこれから始めるよっていう人も最初からアップデートされた状態で遊べるようになりましたね!
この時期に久々に大型のアップデートがあったという事は…もしかしたら「どうぶつの森アプリ版」にも何らかの影響があるんじゃないかな?と期待してしまいますね。

アプリ版の配信はまだ少し先になりそうですが、3DS版を遊んでおくとアプリ版配信時に何か良い事があるかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

PageTOP